撮影のルール


撮影機材・カメラ撮影について、以下の制限をつけさせていただきます。

規制部分

l   一脚・三脚・スタンド等は、持ち込みを禁止させていただきます。
コスプレルールの長物規制と同様、館内設備を傷つける可能性がある他、スタンド自体が転倒する危険性があるため、持ち込みを禁止させていただきます。

l   レフ板などの撮影機材は最長辺が1mまでのものとして下さい。折りたたみ式のレフ板の場合は、広げた状態で1mを超えないものとして下さい。

l   外部電源を要するライト・ストロボ類は、会場との契約上不特定多数に電源をお貸しすることが出来ないため禁止させていただきます。
 尚、準備会が業務のために必要な電力と企画出展の方に提供している電力は事前に使用機材や定格出力を会場に申請した上で、準備会としても事故防止策として配電系統に個別に漏電・過負荷遮断器を設置しています。響灯小町祭準備会が許可した部分を超えての無断の電力使用は固くお断りします。

l   内部電源を要するライト・ストロボ類は、三脚用ダボ穴やストロボ/アクセサリーシューなどを用いてカメラ本体に取り付けが出来るものに限ります。    
 尚、シューブラケットやホットシューアダプターなどの個数に制限はありません。また、シャッターとストロボの同期方法にも制限はありません。
 電源としてバッテリーボックスをつける際は、カメラ本体に付随して可搬出来るものとして下さい。(おおよそ手のひらサイズまで)

l   一般の用途で使われない赤外線カメラや、傍目にカメラとわからない小型カメラの持ち込みはお断りします。

 お願い

l   会場内での撮影の際は出来るだけライト・ストロボ類にディフューザーをつけていただきますようお願いします。
カメラ撮影やコスプレ参加者以外の方をびっくりさせてしまう可能性が有ります。できるだけで構いませんのでご協力下さい。

l   撮影をされる場合は被写体となる方に許可を得てからお願いします。撮影場面で不愉快な思いをした、その現場を目撃した場合はすぐお近くのスタッフにまでお声がけください。

 


大まかにOKなものNGなもの

NG→
三脚・一脚・アンブレラ・ソフトボックス・カポックホルダー・バックグラウンドボックス
・各種スタンド

(大まかに大型のライティング機材はほぼほぼNGだと思っていただければと思います。)

OK→
体につけるカメラハーネス
手持ち式を含めたステディカムなどのカメラスタビライザー[床置きで使わないもの]
自撮り棒
(以上は最大長が1mを超えないものとして下さい。また使用の際は回りをよく見て接触事故等が無いようにして下さい。)

LEDライト・リングライト・ストロボ(有線遠隔・無線遠隔問わず)・バッテリーグリップ
レリーズなどなど