Skip to content

胸が大きいのは悪いことじゃない 運動時は過保護にするが良し

Written by

urhs663h

私はEカップあるのですが、以前は大きい胸がコンプレックスでした。

Eカップより大きい人なんて沢山いるのですが扇情的に見られたり服によっては太って見えたりして、十代の頃から周りの目が常に気になっていました。そのコンプレックスがなくなったのはグラビアの活動をしてからです。芸能の仕事をしているのでその一環でグラビア活動していた時期があり、その体験が私に自信を与えてくれました。

それまでは胸が大きいのはイヤらしい印象だと思ったり、華奢に見えないのがとても嫌でした。でも、一緒に活動する仲間やファンの方のお陰で、大きい胸は魅力的な部分でありセクシーなのは素敵なことだと感じられるようになりました。グラビアでは水着という体型が一目でわかってしまう衣装なので、自分をさらけ出すということになります。今思えばこれが良かったんだと思います。

ありのままの自分を見せるのは勇気がいりますが、そんな私を良いと言ってくれる人が沢山いました。中には批判的な人も少なからずいましたが、周りにいるたくさんの人が応援してくれて前向きに活動出来ました。それを通して、良くも悪くも自分を受け入れることに繋がったんだと思います。
胸が大きいのは悪いことじゃないと思えるようになりました。

今では自分に似合う健康的な体を研究し、筋力トレーニングなどで魅力的な体型を目指しています。その際、気を付けているのはバストをしっかりホールドすることです。胸を支えているクーパー靭帯は一度伸びてしまうと戻らないらしいのでランニング用のスポブラでトレーニングしています。胸の揺れをしっかり抑えてくれるので運動中も揺れが気になりません。

また、寝るときは必ずナイトブラをつけて寝ています。バストアップ目的でも効果的ですが、バストの垂れや型崩れには絶対必須のアイテム!お気に入りはホールド力が高いという口コミのPGブラが快適にバストを整えてくれるので気にいって使っています。

走る時やジャンプする時なんかは特に過保護にケアしています。そして、お椀型バストになりたいのでダンベルを使って大胸筋を鍛えています。あんなにコンプレックスだった胸を今ではこんなに大事に育てています。憧れのバストや体型はありますが、人にはそれぞれ個性があって私に似合う魅力的な体型があると思えるようになったので、今では自分のバストも好きになれました。

Previous article

肌ツルツル!毛穴レス!